今では定番となりました|振袖を着用して和服美人に|日本人の雰囲気にぴったりの服装

振袖を着用して和服美人に|日本人の雰囲気にぴったりの服装

今では定番となりました

女性たち

価格が抑えられます

成人式では、すっかりレンタルの振袖もおなじみになりました。大阪市内でもレンタル振袖をしてくれるお店が、ずいぶん増えました。もちろん大阪市内だけでも多くのお店があるので、サービス内容は違いますが、一般的なレンタル振袖がどこまで貸してくれるかを紹介します。一般的なレンタルの振袖セットと呼ばれるのは、下記の通りです。振袖や袋帯、長襦袢(ながじゅばん)、帯締めがあります。また、帯あげや重ね衿、ぞうりやバッグも付いてきます。さらに、半衿や足袋、ワンピース肌着に腰紐3本もあります。セットによっては伊達締めやマジックベルト、着用ベルト、コーリンベルトもあるようです。加えて帯板や帯枕、衿芯に三重仮ひも、さらに補正用タオルまで付いていると親切でしょう。大阪はお店が多いので、一度見ておくとよいでしょう。

早めの行動がおすすめ

大阪市内にある昔ながらの着物店でも、振袖を貸してくれお店もずいぶん増えました。その分のメリットデメリットは自分で把握しておくべきでしょう。デメリットは、どんなに気に入った振袖でも自分のものにならない事です。その反面、メリットは何と言っても費用が掛からないことです。一般的な振袖のフルセットの販売価格だと、30万から50万くらいの金額になります。これがレンタルの場合は、10万から15万くらいで収まります。他にも振袖の保管場所が無い人は、レンタルの方が良いでしょう。ただ注意点としては、良い振袖が早めに予約されてしまう可能性もあります。レンタルを考えている人は、しっかりと時間を作って大阪市内の着物店を見て回ると良いかもしれません。